スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカビザ申請書類で一番力を注ぎたい「レター」

レコメンデーションレター
(サポーティングレター、
 カバーレターとも呼ばれる)は、
数ある
アメリカビザ
申請書類の中で
最も重要であり、
且つ作成するのが
最も難しい書類です。

アメリカビザ申請書式
DS-160をはじめ、
決まった書式に
書き込むスタイルの
書類であれば、
質問事項に
答えて行けばいいので
作成が比較的容易です。

しかし、
レターには形式がありません。
多忙な領事が
一読すれば即座に
状況が理解できるよう、
ビザ申請者の十分な情報を
過不足なく

「簡潔に」

まとめる必要があります。

まっさらな白紙を
数ページの説得力ある
レターに変えるという
プロデュース能力が
要求されるため、
アメリカビザ申請に
不慣れな人にとっては
困難な作業となるのです。

ビザ申請者によっては
経歴の説明だけでは
クオリフィケーション
(能力・資格)が
不十分な場合があります。

しかし
レターでは
絶対に虚偽を
述べてはいけません


虚偽を含んだレターは、
どこかに矛盾があるため、
審査のプロである領事は

「何かおかしい」

と感じます。

審査官が一旦
疑いを持つと、
強い疑惑や不信感を持って
レターを読み直し、
面接で厳しい質問をしたり
追加書類の提出を求めたりと、
強い追及を始めます。

虚偽申請と確認されると、
その申請者の
ビザが拒否されるのは
もちろんのこと、
今後その虚偽のレターを
書いた企業から
提出される申請書類は
全て厳しくチェック
されるようになります。

虚偽申請をした企業は、
最も大切な

「大使館の信頼」

を失う
のです。

Eビザ駐在員交替の場合を
例に挙げれば、
前任者の申請時の
レターの内容をそのまま使い、
名前だけを入れ替えて
レターを作るのは
誠実な姿勢とは言えません。

前任者が赴任した
4、5年前と比べると、
現地法人の売上規模は
拡大(または縮小)し、
社員が増え(あるいは減り)、
産業環境や事業内容も
相当変わっているはずです。
日本人駐在員の
現地での位置づけも
変化している場合が多いのです。

誠実なレターを書くには、
大使館に現地法人の現状を
報告するような気持ちで
レターを作成すると良いでしょう。

ビザ申請者の名前だけを
入れ替えたレターで
もし仮にビザが取得できたとしても、
大使館の信頼感を
勝ち得たと言えるでしょうか。

企業の利益となるのは、
その場限りの
ビザ申請の合否ではありません。
長い目で見て、
大使館との信頼感を築き上げること。
正直で誠実なレターを
作成することこそ
アメリカビザ取得成功の
秘訣
なのです。

1991年創業
JGIアメリカビザセンター
領事の審査ポイントを熟知した
レター作りに自信があります!
アメリカビザ申請に特化した
きめ細やかな代行が好評です。
どうぞお気軽にご相談下さい。


☆アメリカ大使館ミニ情報☆

夏のビザ申請ピークのため
現在郵送申請に要する
プロセス期間は
通常より長く
2週間ほどかかっています。
スポンサーサイト

アメリカビザの諸法令を深く理解して的確なレターを

現地法人の社長や役員など、
エビデンス(根拠、証拠)が
「強い」申請者の
アメリカビザは
取れる可能性が高く、
学校を卒業したばかりで
社歴も経験も浅い、
「弱い」申請者は、
アメリカビザ取得が
非常に難しいことは
誰にでも判断出来ます。

しかし、
若いながらも
社歴がある程度あり、
製造に一貫して
関わるなど
技術的にも
熟達しているような
申請者の場合、
判断に迷うことになります。

アメリカビザに
関係する諸法令
(米国移民国籍法や
 米国国務省施行規則、
 米国移民局施行規則、
 米国労働省施行規則など)を
深く理解すれば、
判断基準(合格ライン)が
正確に把握出来るので、
安心して
サポーティングレター
(以下レター)作成に
取り組むことが
出来ます。

ところが、
合格ラインが見えないと
暗闇で鉄砲を
撃つような状態になり、
良いレターを書くことは
難しくなります。

合否すれすれの、
微妙な申請者の
レターを書く時は、
駐在員を派遣しなければ
ならない理由と、
その申請者が選ばれた理由に
迫るのが核心です。

駐在員の派遣経費は
相当なものですが、
それでも敢えて
日本から社員を派遣するのは
誰もが納得出来るような
理由があるはずです。
また、
数人の候補者の中から
その申請者が選抜されたのも、
何かもっともな理由が
あることでしょう。

その申請者の社歴が浅くても
その人以外に必要な
経験を持つ社員が
いなかったのかもしれません。
または、
現地法人で必要な分野の
知識、技術が比較的
新しい分野で、
若い人の方が
知識が豊富なのかもしれません。

「高卒で、
社歴は10年そこそこだから
アメリカビザ取得は難しい」

と、
すぐに否定的な結論を出すのは
実にもったいないことです。
十分な社歴や学歴が
ないことを恐れず、
その駐在員が
アメリカビザを
申請すべき理由を
勇気を持って
真っ正面から説明すれば、
米国大使館も事情を納得して
好意的に判断してくれる
可能性が高いのです。


なお、
エビデンスの「弱い」
申請者にとって、
「語学力の高さ」は
メリットにはならず、
それをアピールすることで
むしろマイナスなイメージを
与えることになりますので、
注意が必要です。

JGIアメリカビザセンターは、
的確なレターを作成して
アメリカビザの合格率を高めます。
御社はアメリカビザで
お困りではありませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

レターは領事に瞬時に判断してもらえるよう簡潔に

アメリカビザ申請の際に
サポーティングレター
(以下、レター)を
作成する目的は、

「米国大使館の領事に
 申請者の必要十分な
 情報を提供し、
 その申請者が
 アメリカビザを取得する
 資格があるかどうかを
 スピーディーに判断して
 もらう事」


にあります。

領事は非常に多忙なため、
申請者一人に対して
割り当てる事のできる
審査時間は
6〜7分しかありません。

申請者の情報を
十分に吟味する
時間がないので、
要領を得ないレターでは
一読してもアメリカビザ合否の
判断ができません。

必要十分な情報が
過不足なく盛り込まれた
レターであれば、
読めば状況がすぐに理解でき、
申請者が求めるビザを
即座に承認することが
できるのです。

もしも
提出されたレターや
証拠書類だけでは
アメリカビザ承認の
判断がつかない場合、
領事は申請者に
追加書類を
請求することになります。

しかし、
追加説明のためのレターや
エビデンス(証拠、根拠)が
申請者から送られて来た際、
領事は最初のレターを
再度読み直さなければならず、
作業は二度手間、
三度手間になります。
結果、アメリカビザ取得に
多大な時間と労力を
要する事になるのです。

ですから、
レターを作成する際に
最も留意すべきなのは、
領事がアメリカビザ承認の判断を
一回で瞬時に出来るように

「簡潔なレター」

を作成することです。

「簡潔なレター」とは、

・ 必要なことが
余すところなく
全て書いてある

・ 必要でないことを
くどくど書いていない 

レターです。

では、

「必要なこと」

とは何でしょうか?

企業が
アメリカビザを申請する場合、
まず、日本の親会社、
そしてアメリカの現地法人の
信用度をレターで説明します。

世界的に有名な企業であれば
詳しい説明は不要ですが、
一般的には、

・ 創業年度
・ 資本金
・ 売上
・ 事業所数
・ 事業内容
・ キーテクノロジー
・ アメリカに進出した動機 

などについて、
領事の理解を得られるように
詳しく述べる必要があります。

世界的に
有名というわけではない
一般的な企業が
アメリカビザを申請する場合は、
領事にその企業の
長期的信用度を
理解・納得してもらうのが
非常に重要なポイントです。

ですから、
この部分が長くなっても
「簡潔」の条件から
外れることはないのです。

的を得た
簡潔なレターを書くには、
語彙力に加え、どこにポイントを
置いて書くかが非常に大切です。

JGIアメリカビザセンターは、
ポイントを知り尽くした
熟達したネイティブの
専門スタッフが
レターの作成を担当します

御社のアメリカビザ業務の
時間・手間を削減、
速やかに的確な書類を
代理作成・提出します。

完成度の高い申請書類は、
御社の誠意の表れとなり、
米国大使館からの
信頼度アップにも繋がります


御社のアメリカビザ申請・取得は
JGIアメリカビザセンター
どうぞお任せ下さい!

レター作成はアメリカビザ申請の要

レコメンデーションレター
(サポーティングレター、
カバーレターとも呼ばれる。
以下、レター)は、
数あるアメリカビザ
申請書類の中でも
最も重要であり、
且つ、作成するのが
最も難しい書類です。

アメリカビザ
申請書式DS-160や
その他の申請書類は、
決まった書式に
答えを書き込む
スタイルなので、
比較的作成が容易です。

しかし、
レターには
形式が与えられていません。

白紙の状態から

・ 渡米の目的
・ ビザ申請の必要性
・ 申請者の
qualification
 (=条件、資格)

などを
詳細且つ具体的に説明し、
説得力あるレターを
生み出すという
プロデュース能力が
要求されるため、
不慣れな申請者には
非常に困難な
作業となります。

たとえ
ビザ申請者のqualificationが
弱いからといって、
絶対に虚偽を
述べてはいけません。
事実に沿って
誠実にレターを書くことが
アメリカビザ申請の
非常に重要なポイントの
一つになるのです。

虚偽を含んだレターは、
どこか矛盾があるため、
審査のプロである領事は

「何かおかしい」

と直感します。

領事が一旦疑いを持つと、
強い疑惑や不信感を持って
レターをもう一度読み直し、
追加書類の提出を求めたり、
レターの署名者を面談に呼んだり
と言った厳しい追及が始まります。

虚偽申請が確認されると、
その申請者のビザが
拒否されるのはもちろんのこと、
その、
虚偽のレターを書いた企業は
大使館から目を付けられ、
その企業から提出される申請は
全て厳しく
チェックされるようになります。

虚偽申請をした企業は、
アメリカビザ申請において
最も大切なもの、

「大使館の信頼」

を失うのです。

アメリカEビザの
「駐在員交替」の場合を
例にとれば、
前任者のレターの名前だけを
入れ替えてレターを作るのは
誠実な姿勢とは言えません。

なぜなら、
前任者が赴任した
4、5年前と比べると、
現地法人の
売上規模が拡大(または縮小)し、
社員が増え(あるいは減り)、
産業環境や事業内容、
日本人駐在員の現地での位置づけも
相当変化している場合が多いからです。

誠実なレターを書くには、
現地法人の現状を
大使館に報告するような気持ちで
レターを作成すると良いでしょう。
名前だけを入れ替えたレターで
もし仮にビザが取得できたとしても、
大使館の信頼感をも
勝ち得たと言えるでしょうか。

企業の利益となるのは、
その場限りでなく、
長い目で見て、
大使館との信頼関係を
築き上げること。
正直で誠実なレターこそ
アメリカビザ取得成功の秘訣であり、
JGIアメリカビザセンターが
最も大切にしている事です。

プロの手に委ねて、
確実な申請をしませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

ビザ申請書類は最新で正確な情報を記入する

「手抜き工事の安普請」は、
建設業界だけでなく、
ビザ代行業の世界にもあります。

例えば、
Eビザカンパニーが
Eビザを取得後、5年経過して、
駐在員を交代させようと
新たにEビザを申請するとします。

5年も経てば、
会社の仕事の中身や
会社の体制自体にも
当然変化している部分が
あるはずです。

しかし、
米国大使館に提出する
申請書類で
それらを説明せず、
5年前のEビザ申請時の
英文レターの
申請者名だけを入れ替え、
内容は昔のものを
使い回して
書類を作っている
安い業者が存在します。

肝心な部分を手抜きして
料金を安くしていますので、
お客様は結局
安かろう悪かろうの
書類を掴まされてしまいます。

米国大使館へのビザ申請は、
誠実さが最も重要です。
自身の持つ最新の情報を
隠すことなく
正確に記入することで、
大使館の信頼を
得ることができます。
そしてそれが結果的に、
ビザ合格の近道にもなるのです。

1991年創業、
JGIアメリカビザセンターでは、
お客様から頂いた情報を元に
体裁を見事に整え、
米国大使館に
申請代行を致します。

御社のアメリカビザの
アウトソーシングを
是非
JGIアメリカビザセンターに
お任せください。
プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。