スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ非移民ビザが却下されるケースとは

アメリカ非移民ビザが
領事によって
拒否される場合、
その多くは、
米国移民国籍法
第214条(b)項に
基づいて却下されます。

その申請者が、
米国内での自身の活動目的に
見合わないビザを申請して
しまっているケース、
もしくは、
アメリカに
永住する意志を
持っていると
疑わざるを得ないケースが
挙げられます。

米国移民国籍法は、
領事に

「全ての申請者は
 米国に移民する意志がある」

という仮定に基づき
審査するよう求めています。

米国移民国籍法
第214条(b)項には、

「全ての外国人は、
 米国領事に、
 また入国審査時に、
 非移民としての
 資格がある事を
 納得させるだけの
 十分な証明がなされるまで、
 移民の意志があると仮定される」

と定められています。

アメリカビザの申請者は、
申請するアメリカビザの
要件を満たし、
また、
許可された滞在期間の
終了後には、必ず
アメリカを離れることを
領事に納得させる
必要があります。

米国内での活動が
申請したビザで定めるものと
一致する事を証明出来ない、
あるいは、
米国外に強い結びつきがあり
米国を離れる意志が
ハッキリしていることを
証明出来ない場合は、

「非移民ビザ申請不適格」

と判断されます。

なお、
却下の決定自体は
覆すことはできませんが、
申請時に
証明出来なかったことを
立証出来る証拠が
更に提示できれば、
再度ビザを
申請する事は可能です。

また、
立証できる証拠がない場合、
現在の状況が
「著しく変わった後」に
再度申請することが出来ます。

但し、
アメリカビザ再申請を
したからといって、
合格が保証されている
訳ではありません。
一度不適格の烙印が
押されてしまうと、
それを払拭するには
大変な労力が
必要となるのです。

アメリカビザ申請を
検討する場合、
まず始めに、
申請するアメリカビザが
申請者に適したもので
あるかどうかの
判断・見極めが
非常に大切です。

貴重な時間・労力を
無駄にしないためにも、
まずはプロにご相談下さい。

JGIアメリカビザセンターは、
1991年創業以来の
ノウハウを活かし、
アメリカビザの
コンサルティングを
行っております(有料)。
どうぞお気軽に
ご相談下さい。

(「アメリカビザ
 コンサルティングのお勧め
 http://jgi-tigergate.co.jp/?p=49」
 をご参照下さい。)
スポンサーサイト

Eビザを選ぶべき5つのメリット

アメリカ就労ビザの中でも、
Eビザは最もポピュラーなビザです。
以下に、
その人気の理由を挙げてみましょう。


1. 滞在資格に安定性がある

Eビザは、
日米友好通商航海条約に
守られています。
この条約は、
相手国民に対して
内国民並みの権利を
与える事になっていますので、
Eビザ保持者の滞在資格も
非常に安定しています。
(注・日米相互に選挙権と
被選挙権はありません)

不況でアメリカ社会が
ギスギスする中、
安定した滞在資格は
何よりのメリットです。
大切な社員を安全に
アメリカに送り出せるよう、
就労ビザは
Eビザを最優先で
お選び下さい。


2. 申請先が米国大使館1カ所のみ

Eビザは、
LビザやH−1Bビザのように、
ビザ申請前に
アメリカ移民局(=USCIS)に
ペティション(=請願書)を
申請する必要はありません。

直接
米国大使館に
申請出来ますので、
他の就労ビザに比べて
短期間でビザを
取得することができます。

例えば、
Eビザの交代や
増員の申請であれば、
入手所要時間は
領事面接合格後、
3日〜1週間です。


3. 申請書類が少なくて済む

アメリカ子会社が
Eカンパニーとして
米国大使館に登録されると、
次の申請からは、
日本の親会社や
アメリカ子会社の
設立時の関係書類や
投資/貿易を証明する
会社資料を提出する
必要はなく、
会社の財務状況と
申請者についてのみ
説明した書類を
作成すればOKです。

一方、LビザやHビザは、
アメリカ移民局に
ペティション申請するたびに、
申請者についての
説明に加えて、
親会社や子会社についても
詳しく説明し、
且つ会社資料を
提出しなければなりません。
申請ごとに
多大な労力がかかります。


4. 滞在有効期限の心配がない
 
Eビザ保持者は、
アメリカ入国時に許可された
2年間の滞在期間が
切れる前に日本や欧州などに
出張してアメリカに戻ると、
再入国のたびに
2年間の滞在が
ほぼ自動的に
許可されますので、
延長申請で悩む事が
ありません。

(但し、駐在員より
 国外出張の
 機会が少ない
 駐在員の
 同行家族は、
 滞在期限が
 ウッカリ切れて、
 オーバーステイに
 ならないように
 十分注意して下さい)

一方、Lビザ・Hビザは、
ペティションで許可された
期間しか滞在できません。
延長申請は
もちろん出来ますが、
書類は最初の申請時と
同じぐらい
要求されますので、
簡単ではありません。


5. 公費が圧倒的に安い

Eビザの申請時には、
米国大使館に定められた
ビザ料を支払えばよいので、
他の就労ビザに比べて
断然コストが安く済みます。


Eビザ 
米国大使館に支払うビザ料のみ $270

Lビザ 
ペティション申請料      $325
USCISへの特急料金     $1,225
虚偽申請予防費用       $500
国境保安法費用       $2,250
Lビザ 計          $2,240〜$4,490

H−1Bビザ 
ペティション申請料      $325
USCISへの特急料金     $1,225
H−1B特別申請料       $750または$1,500
虚偽申請予防費用       $500
  国境保安法費用       $2,250
H-1Bビザ 計        $2,290〜$5,990



御社は
アメリカEビザの申請で
お困りではありませんか?

Eビザ申請・取得に実績のある
JGIアメリカビザセンターに
どうぞお気軽にご相談下さい。

アメリカビザコンサルティングをお勧めします!

米国現地法人に駐在員を派遣する企業が、
米国事業をスムーズに運び、
発展させていくためには、
駐在員が安心して働けるよう、
滞在目的に合致したビザを
申請・取得することが何よりも大切です。

米国大使館の領事は、
米国移民国籍法や米国移民局施行規則、
およびForeign Affairs Manual
(=FAM 審査の手引)などを参考に
アメリカビザの審査をしています。

しかし、2001年の9.11テロ以降、
アメリカビザに関する法律や
アメリカビザ申請手続などの
変更が次々と行われたため、
最新のアメリカビザの情報を
申請前にきちんと理解することが
益々重要になっています。

JGIアメリカビザセンターは、
アメリカ就労ビザ専門の
アメリカビザ申請代行会社です。
1991年の設立以来、
アメリカ就労ビザの
申請代行のパイオニアとして、
アメリカ就労ビザの中でも
最も複雑・取得困難とされる
Eビザの申請代行を中心に
行って来ました。

アメリカビザを申請する方は、
申請前にJGIアメリカビザセンターの
ビザコンサルティングを
お受けになることをお勧めします。
複雑極まるアメリカビザの
申請及び取得のためには、
適切な申請書類を
準備することが非常に重要です。

初めてアメリカ就労ビザを
申請なさる方のために、

「アメリカビザについて」

「最適なアメリカビザ種別の選定や
ビザ手続きの方法」

などを分かりやすくご説明致します。

ビザコンサルティングは有料ですが、
ここで合否が分かれますので、
是非前向きにご検討ください。

(ビザコンサルティングの後、
引き続き代行をお引き受けする場合は、
代行料の内金とさせて頂きます)。

《JGIアメリカビザセンターのビザコンサルティングのポイント》

1.
まず、御社・申請者の情報を徹底的にヒアリングします

そのヒアリングによって、
申請者がアメリカビザを申請・取得するのに
適切かどうかを判断するためです。

日本の親会社及びアメリカ子会社の概要、

売上高や派遣の目的などの詳細な情報

申請者本人の学歴、専攻科目、業務歴、
社歴、米国子会社での役職や業務内容、
アメリカでの年収

などを、
ヒアリング又は
JGIアメリカビザセンター所定の
質問書でお聞きします。

これらの情報は、
御社の希望する
アメリカビザの申請が可能かどうか、
可能でない場合、
他に適したアメリカビザがあるかどうか、
アメリカビザ申請に必要な書類や方法など、
アメリカビザ申請・取得に向けての
方針を立てるために必要です。

2.
アメリカビザ要件を満たさない申請者の場合

年齢が若い、
あるいは社歴が浅い申請者は、
アメリカビザ申請が難しくなります。

そこで、
セールス能力や技能など

「申請者の強み」

になる材料を
更に突っ込んで
伺いながら探して行きます。

3.
アメリカビザコンサルティングの結果、
 ビザ要件を満たさない場合


ご相談者のご希望に反する意見を
述べることもあります。

また、
アメリカビザ申請・取得の
可能性が低い場合は、
その旨はっきりと申し上げます。

何が原因で
アメリカビザ申請・取得が
困難なのかを詳しく説明し、
今後のアメリカビザ申請・取得を
可能にするための
計画に役立てて頂きます。

現状では
アメリカビザ申請・取得は難しくても、
年数が経過すればアメリカビザの要件を
満たすようになるかもしれませんし、
アメリカ法人の投資が
数年後にはE-2ビザの規則に
叶うように増えるかもしれません。



JGIアメリカビザセンターの
ビザコンサルティングを
受けることによって、
今後どの種別の就労ビザを選択すべきか、
また、申請方針と必要書類が明確になります。

アメリカ
ビザの
取得合格率を上げるために
JGIアメリカビザセンターの
ビザコンサルティングをお受けください。

電話03-6450-1024

【重要】ビザ申請手続きの大幅な遅延、徐々に改善

現在、
アメリカビザの
申請手続きについて、
アメリカ国務省領事局の
ビザシステム上の問題により、
大幅な遅延が続いています。

緊急の申請、
早々から準備を重ねての申請も、
通常のペースとは全く異なる
スローな処理が行われており、
渡航スケジュールの変更を
余儀なくされるケースも
見受けられます。

先週中頃から
米国大使館が
数百件のビザを印刷、
発送したとの報告があり、
事態は徐々に改善しつつあります。

しかし、
アメリカ国務省領事局の
ビザシステムが
完全に復旧するまでは、
遅延が続く見込みです。
申請者の渡航スケジュールには
特別措置は一切行われませんので、
くれぐれもご注意下さい。

以下、
米国務省が運営する
「米国ビザ申請」
ホームページでの
発表を引用致します。

(以下引用)

米国務省領事局の
ビザシステムに
技術的な問題が発生し、
未処理の申請の
審査手続きに
大幅な遅延が生じています。

これは全世界的な問題であり、
特定の国や国籍、
あるいはビザカテゴリーに
よるものではありません。

現在、
問題解決および
システムの完全復旧に向けて
全力で取り組んでいます。
最新の情報はTravel.State.Govで
ご確認頂けます。


http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/index.html?firstTime=No
プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。