スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカビザ申請者は大使館/領事館に面接に出向くのが基本

アメリカビザを
申請・取得するために、
大半の申請者は
米国大使館/領事館に出向き、
対面式の領事面接を
受ける必要があります
(注*)。

米国大使館が指定する
要件を満たさない限り、
領事面接の免除や
代理人が
領事面接を受ける事は
認められていません。

本年6月より、
米国大使館内への
手荷物持込みが制限されたため、
セキュリティチェックに要する
入館までの時間は
少しは短縮されています。

しかしそれでも、
米国大使館の繁忙期には
炎天下や寒空の下で
行列を作って
長時間待ち続けることも
少なくありません。

高齢の方を始め、
アメリカビザ申請者は
体調管理を万全にして
領事面接に臨みましょう。


(注*)

以下の申請者は
本人が米国大使館/領事館に
出向く必要はありません。

・面接日に13歳以下、
  80歳以上である申請者

・A1、A2(中央政府の業務の公用渡航者)、
  C2、C3(中央政府の業務で
乗り継ぎの中央政府職員)、
G1、G2、G3、G4
(国際機関に関連して渡航する中央政府職員、
 または国際機関の職員)

・郵送でビザを更新する条件を満たす申請者

スポンサーサイト

非移民ビザ申請時の大前提とは

各種アメリカ非移民ビザを
申請・取得する際、

アメリカに
 永住する意図が
 絶対にない
」、

というのが
大前提です。

非移民ビザを
取得した人は、
渡米目的を果たしたら
必ず日本に
帰国することが
絶対条件となります。

どんな渡米目的であれ、
アメリカでの滞在は
あくまで一時的であり、
最終的には
日本に帰国する
という証明材料を、
非移民ビザの申請内容を
十分検討した上で
準備する必要があります。
また、
領事面接時の対応にも
注意が必要です。

米国大使館に

「帰国する意思が不十分である」

と判断された場合、
追加書類の提出を
求められたり、
最悪の場合は
ビザを拒否されかねません。

さらに、
非移民ビザを
無事に取得しても、
アメリカ入国時の
入国審査の際に、
審査官に
アメリカ永住を
疑われるような
素振りを見せると、
入国を拒否される
可能性もあります。

アメリカには永住せず

 一時的な滞在であること。

 渡米目的が達成されたら

 必ず帰国する


この考えを、
申請者自身に
よく浸透させる
必要があります。

JGIアメリカビザセンター
1991年創業以来
23年の実績を誇る
アメリカビザに特化した
ビザ申請代行会社です。

アメリカビザの
申請ポイントを
熟知したスタッフが
御社のアメリカビザ申請取得を
トータルでサポート致します。

どうぞお気軽にご相談下さい!

アメリカビザ申請料金のビザ為替レートが改定に

JGIアメリカビザセンター
御社のアメリカビザ申請の
お悩みを解決します!

電話03-6450-1024

****************

アメリカビザの申請料金は、
ビザ申請者1名につき適用されます。

アメリカ国務省の発表によれば、
2014年11月10日(月)より
アメリカビザ申請料金の
ビザ為替レートが
1ドル=120円に変更されました。

新しい申請料金は以下の通りです。

Eビザ(条約貿易家 / 条約投資家)

$205 = 24,600円


Bビザ(観光 / 短期商用)、
 Fビザ(学生)、
 Jビザ(交流訪問者)

$160 = 19,200円


Lビザ(同系企業内転勤者)、
 Hビザ(専門職の一時就労)

$190 = 22,800円


その他のビザの申請料金は、
米国国務省運営のホームページをご覧下さい。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visafeeinfo.asp


《ご注意》

DV2016
(移民多様化ビザ抽選プログラム)が
11月3日に応募締め切りされました。

アメリカ大使館の発表によれば、
現在、
「移民抽選ビザに当選しました」
という内容の
詐欺メール
横行しているようです。

当選したかを知るには、
下記サイトの発表のみです。
くれぐれもご注意下さい。
↓↓↓
‪http://ow.ly/DWXBm

御社のアメリカビザ申請取得は
JGIアメリカビザセンターに
どうぞお任せ下さい!

ESTA申請の質問事項に追加あり

御社の
アメリカビザ申請に関する
ご相談は

JGIアメリカビザセンター
電話03-6450-1024
まで、
お気軽にどうぞ!

さて、今回は

【ESTA最新情報】です。

↓↓↓

諸条件に適った方が
ビザなしで90日以下
米国に滞在する場合、
ESTA
(電子渡航認証システム)
で認証され、
米国入国地で確認される
必要があります。

詳しくは
以下リンク先をご覧下さい。

ビザ免除プログラム↓
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visawaiverinfo.asp

ESTA申請↓
https://web.archive.org/web/20131017173512/https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

米国大使館の発表によれば、
2014年11月3日より
ESTA申請の質問事項に
以下の項目が追加されました。

・別名や他の国籍
・両親の名前
・身分登録番号(該当者)
・連絡先(Eメール、電話番号、連絡先)
・勤務先情報(該当者)
・出生地

既にESTA認証が済んだ方は
申請し直す必要はありません。

また、
ESTA申請料は、
従来と変わらず$14となります。

なお、
ESTAの有効期限は2年間です。
但し、ESTA有効期限が切れる前に
自身のパスポートを更新する場合は
それまでがESTA有効期限となります。

御社はアメリカビザのことで
お困りではありませんか?
JGIアメリカビザセンター
1991年創業以来
アメリカビザ申請取得に特化して
お客様の信頼を頂いております。
どうぞお気軽にご相談下さい。
プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。