スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国大使館の領事面接マニュアル映像

アメリカビザ申請の際
米国大使館での
申請者本人の
領事面接は必須です。

初めて
領事面接を受ける方の中には
どんな雰囲気なのか
どんな手順なのか
心配に思う方も多いようです。

米国大使館では
領事面接の際の
手順をまとめた映像を
YouTubeにアップしています。

領事面接を受ける前に
一度目を通しておくと
雰囲気が分かります。
ご参照下さい。

米国大使館 公式ビデオ
アメリカ非移民ビザ
面接の手順
↓↓
http://youtu.be/bImDRrBDxnU?list=PL2jr7edYFQv_9ZhcS9dTQm76Suym0q4I6
スポンサーサイト

アメリカビザの有効期限と米国滞在期間は別

アメリカビザを取得すると、
シール状のビザが
パスポートに貼られます。

ビザには
有効期限が書かれていますが、
これは
「米国に滞在出来る期間」を
表しているわけではありません。

正しくは、

「発給されたビザの
 目的で渡米し、
 入国時に
 入国審査を受ける事が
 できる期間」


です。

なお、
米国での滞在期間は、
入国する際の
移民審査官が、
渡米目的に応じて
判断し、許可します。

アメリカビザの有効期限と
米国での滞在期間は
一致しているわけでは
ありませんので、
思い違いをしないように
注意する必要があります。

(但し、LビザやHビザは
 ビザの期限=滞在期限
 となります)


☆☆米国大使館ミニ情報☆☆

昨年より
申請者が
大使館に入館する際
手荷物の持込み制限が
始まりました。

大きな荷物は持参せずに
面接に向かうのが一番ですが、
もし大きな荷物がある場合は、
大使館に行く前に
最寄り駅のロッカーに
荷物を預けると効率的です。

規定外の
大きな荷物を持っていると
入館が許可されず、
最悪の場合、
面接予約を
取り消さなければ
ならなくなりますので
ご注意下さい。


アメリカビザの知っ得情報は
1991年創業、
JGIアメリカビザセンターの
ホームページで
チェックして下さい!
http://jgi-tigergate.co.jp

まぐまぐメールマガジン登録は
こちらから↓↓
http://www.mag2.com/m/0001579309.html


アメリカEビザ申請のために、まずは企業登録を

アメリカEビザ
(E-1 条約投資家
・E-2 条約貿易家)
を新規に申請する場合、
米国大使館に
企業登録
(Company Registration)
をする必要があります。

Eビザは
日米通商航海条約の下で
投資/貿易をする
日本の会社に
与えられるビザで、
要件が非常に複雑です。

そのため、
米国大使館(東京)
/ 総領事館(大阪)が
Eビザを取得するのに
ふさわしい会社か
どうかを審査します
(上記以外の
 総領事館では受付不可)。

要件を満たして
審査に通ると、
大使館の
企業登録リストに
追加され、
その会社の駐在員の
E ビザ申請が
可能となります。

通常、審査には
4〜6週間程度を要しますが、
大使館の繁忙期等で
更に時間がかかることも
ありますので、
少しでも早い
登録手続きをお勧めします。

一度
Eビザカンパニーとして
企業登録されれば、
その米国子会社に
有効なEビザを持つ
社員が1人でもいる限り、
その会社はE資格を
保持することができ、
社員のEビザ申請が
可能となります。

なお、
企業登録だけを
単独で行う事はできません。
駐在員のEビザ申請も
併せて行わなければなりません。

企業登録をする前に、
まずは、その会社が
Eビザを取得するのに
ふさわしいかどうかを、
申請資格に照らし合わせて
判断する必要があります。
資格に適合していない会社は、
そもそも大使館 / 総領事館の
審査には通らないからです。

JGIアメリカビザセンターは、
アメリカEビザ
取得成功率が99.7%
です。
アメリカEビザの特性を
熟知したスタッフが、
アメリカビザの法律に従って
スムーズに申請の手配を致します。
どうぞお気軽にご相談下さい。

アメリカビザ申請は早めに着手する事が大切

アメリカビザの申請は、
準備に取りかかるのに
早過ぎるということはありません。

いざ申請手続きを始めたら、
申請書式の作成に
必要な情報を調べるのに
手間取ったり、
関連書類を作成したり
取り寄せたりするなど、
予想外に時間がかかることが
多いものです。

また、申請者が
万全を尽くして準備をしても、
米国大使館の領事の
許可が下りなければ、
アメリカビザは発給されません。
書類不足で審査保留であれば
早急に書類を整えて
提出をしなければなりません。

昨夏には、
米国務省領事局の
アメリカビザシステムがダウンし、
ビザ業務が大幅に遅延しました。
何の問題もなくアメリカビザが
取得出来るはずだった案件でも、
渡米スケジュールの変更を
余儀なくされた
ケースも見られました。

《参考》↓
http://swatanabe.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

アメリカビザが
無事に手元に届くまでは、
何が起こるか分かりません。
米国大使館は申請者に対して
アメリカビザが発給されるまでは
航空券の購入を控えるように
と忠告しています。

アメリカビザが必要であると
分かった時点で、
早々に申請の準備を始めましょう。

煩雑なアメリカビザの申請は
アメリカビザの
プロフェッショナル、
JGIアメリカビザセンター
どうぞお任せ下さい!

プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。