スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカビザシステム復旧、順次発給手続き中

アメリカ国務省領事局の
ビザシステムに
今月9日頃から
障害が発生し、
数千件の
アメリカビザ申請手続きに
影響が出ていましたが、
6月26日(金)に
完全復旧しました。

現在、滞っていた
アメリカビザ発給手続きを
順次行っている状態です。

全ての
アメリカビザ申請者は
通常通りの
領事面接予約が
可能となりました。

既に領事面接が
終了した申請者は
アメリカビザ申請状況を
こちらから確認できます


https://ceac.state.gov/CEACStatTracker/Status.aspx

なお、
アメリカビザの
システム障害は
昨夏にも発生しました。

ビザシステム障害が
起こった場合、
完全に復旧するまでは
ビザ発給の遅延が続きます。

その際
ビザ申請者の
渡航スケジュールには
特別措置は一切行われません


大使館の審査状況によって
発給のスピードに変動があり、
緊急の申請や
早々から準備を
重ねての申請の場合でも
渡航スケジュールの変更を
余儀なくされるケースも
見受けられます。

システム障害は
いつ起こるか分かりません。
ビザ発給の目処がついてから
渡航スケジュールを
確定させるなど、
用心して手配するように
心がけて下さい


《参照》

2014年8月5日付 
JGIアメリカビザセンターブログ

「ビザ申請手続きの大幅な遅延、
 徐々に改善」

http://swatanabe.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
スポンサーサイト

【重要】アメリカビザ申請・遅延情報

現在、
アメリカビザの
世界的なシステムトラブルが
発生しています。

2015年6月8日以降に
許可された移民ビザ申請
及び
非移民申請の多くは、
ビザが発給できない状態
です。

これは、
特定の国・国籍・ビザの種類に
限った問題ではありません。

また
6月9日以降に
DS−160を作成完了した申請は、
現在
領事面接を受ける事ができません



◎米国務省「米国ビザ申請」
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/index.html?firstTime=No

上記ウェブサイトで
最新情報を随時確認し、
問題が解決してから、
領事面接を受けて下さい。


◎6月9日以降に
DS-160作成完了された方でも、
再度DS−160を作成する
必要はありません。


☆☆アメリカビザ申請・復旧情報☆☆

6月9日(火)・10日(水)から
印刷できなかったビザのうち、
約400件が
6月22日(月)に発給されました。

*アメリカビザ申請状況は
 以下のアドレスより
 DS-160の番号で確認可能です。

‪http://ow.ly/OBJbD


米国大使館情報 〜アメリカビザ発給遅延・ビザ為替レート改定〜

①システムトラブルによる
 アメリカビザ発給遅延

世界的に起きている
アメリカ国務省
システムトラブルにより、
アメリカビザの発給の
遅れが続いています。

6月9日以降に
ビザ申請書DS-160に
署名し提出した場合、
現在ビザ手続きが
できない状態のため、
面接予約を変更することが
推奨されています。


システムの復旧時期は未定です。
6月9日以降に完成させた
DS-160をお持ちの方は、
アメリカ国務省の
ビザ申請ホームページ
最新情報を随時確認して
申請手続きを行って下さい。

また、
近々ビザ申請する予定の方は
ゆとりを持って
申請スケジュールを
検討しましょう。


②ビザ申請料金の為替レート改定

2015年6月14日より
ビザ申請料金の為替レートが
1ドル130円に変更されます。

B、F、Jなどの
非請願書ビザ申請料金
 

$160 = 20,800円

H、L、Pなどの
請願書に基づく
ビザ申請料金
 

$190 = 24,700円

Eビザ申請料金 

$205 = 26,650円

Kビザ申請料金

$265 = 34,450円

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

御社は
アメリカビザのことで
お困りではありませんか?

JGIアメリカビザセンター
1991年創業以来、
アメリカビザ専門の
ビザ代行を承っております。
どうぞお気軽にご相談下さい。

非移民ビザ申請者は帰国意志を明確に示そう

アメリカへの
一時的な渡航を希望する人は、
18種類の「非移民ビザ」のうち
各自の目的に合った
種別のビザを選んで
申請する事になります。

アメリカ非移民ビザ種別一覧

(渡航目的によっては
 ビザ免除制度の適用もあり)

米国大使館や総領事館で
非移民ビザを審査する時に
最もチェックされることは、

渡航目的を果たしたら
 申請者が日本に
 帰国するかどうか


です。

領事は
以下の項目を
重点的に審査します。

1.申請者の家族は
 日本に定住しているのか、
 あるいは
 アメリカに永住しているのか

2.申請者自身に
 帰国する意志や
 帰国しなければならない
 強いつながりがあるか

3.日本に雇用先があるか、
 あるいは
 日本の学校に通っているか

4.帰国旅費を賄えるか

5.アメリカでの滞在費は
 十分にあるか

6.過去のアメリカ滞在が
 必要以上に長過ぎなかったか

7.過去に移民ビザの手続きを
 とったことはないか

領事が、

「この申請者は
 帰国する意志がない、
 あるいは
 帰国意図が疑わしい」

と判断した場合、
アメリカ移民法
第214条(B)項によって、
非移民ビザは拒否されます。

第214条(B)項には、

「全ての外国人は、
 
 ”非移民ビザの資格がある”

と領事が納得しない限り、
移民の意図があると見なされる」

と明記されています。

第214条(B)項で
ビザ申請を拒否された場合、
たとえ渡航目的を
変えて再申請しても、
ビザを取得出来る
保証はなく、
今後のアメリカの渡航に
支障を来たすことになります。

アメリカビザ申請の際には
このアメリカ移民法独特の
考え方を理解した上で、
領事に帰国意志が
明快に伝わるような
書類を完備して
申請なさる事を
強くお勧めします


1991年創業の
JGIアメリカビザセンター
蓄積した豊かなノウハウのもと
皆様のアメリカビザ申請取得を
トータルでサポート致します。
どうぞお気軽にご相談下さい。

米国大使館 領事面接当日の流れ

東京にある
米国大使館の
領事面接当日の
流れを説明します。

面接予約確認書に
記載されている
「Appointment Time」は、
米国大使館の正門脇にある
セキュリティチェックの
建物の前に立つ
警備員のところに
いなければならない時間です。

領事面接当日は、
米国大使館正門前が
大変混み合います。
また、
米国大使館までの道は
警察官が配置されており
迂回ルートを歩く
必要があるため、
時間にゆとりを持って
到着するように
したいものです


但し
暑くなって来た現在
米国大使館では、
アメリカビザ申請者は
面接予約時間の
15分前に到着し、
それより前には
並ばないように
勧告しています


これから
米国大使館は
夏の繁忙期に入るため、
炎天下で入館の
長い列に並び
長時間待たされることが
予想されます。

面接を受ける方は
荷物を極力身軽にし
(手荷物持込み制限あり)、
熱中症対策を
充分にして下さい


なお
領事面接の当日の流れは
以下の通りです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

警備員の前に立ち
面接予約と
身分証明書を提示すると
警備員が
1回につき約10名ずつ
セキュリティチェックの建物に
入るよう案内する。

米国大使館内への入場は
面接確認書に
名前が記載されている
申請者本人のみ可能

本館1階の
領事部入口にある受付で

・面接予約確認書
・ビザ申請書類一式

を提出

(個人申請の場合。

*弊社のような
アメリカビザ代行会社に
ご依頼頂いた場合は
領事面接の3日前に
ビザ申請書類一式を
米国大使館に提出します。


その場合、
領事は面接の前に
じっくりと申請書類に
目を通すことができます)


引き換えに
番号札を渡され、
受付の日本人職員から
指紋採取に関して
説明を受ける


館内入口のドアの前で
二回目の  
セキュリティチェックを
受けてから、
領事部の待合室に入る

(受付で面接確認書や
 申請書一式を
 渡さなかった人は、
 1番窓口に行き提出。

 アメリカビザ代行会社を
 通して申請した場合は
 申請書類提出済みなので不要)


領事部待合室内には
両端にテレビモニター有り。

受付で渡された
自分の番号が掲示されたら
指定の窓口に行って
指紋採取を受け、
待合室の椅子で
次に呼ばれるまで待つ


自分の番号が
再びテレビモニターに
掲示されたら
呼ばれた番号の
窓口に行き
領事の面接を受ける。

領事は日本語でも
対応してくれるので、
英語に自信のない人は

「May I speak Japanese?」

と聞いてから
面接に入るとよい。

問題がなければ
面接は約2分。
合格すれば、
領事に

「OK」

と言われ、面接終了。

ビザを貼ったパスポートは
1週間以内にLetter Pack 510で
指定した住所に届く。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

なお、
申請書類の内容と
回答内容が違っていると
面接に合格しません。

面接前に必ず
申請書類全てに目を通し
内容を把握しておく
必要があります。

JGIアメリカビザセンターでは、
お客様が安心して
面接に臨めるよう、
マンツーマンによる対面式の
面接オリエンテーションを行い、
ご好評を頂いております。

御社のアメリカビザ申請は、
誠実・的確・丁寧な
JGIアメリカビザセンター
どうぞお任せ下さい!
プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。