FC2ブログ

Limited Visa(有効期間が短いビザ)が発行される事がある

E-1ビザは通常、
5年間有効の
Multiple(数次)ビザが
発行されます。
しかし稀には
1年間有効なE-1ビザしか
発行されない事もあります。
通常より有効期間が短いビザを
Limited Visaと呼びます。

では、何故
Limitedされるのでしょうか?
1つの例を挙げます。

ある積荷会社は、
日米間貿易を
代理店経由で
行っていました。

貿易量は
相当な頻度と金額でした。
現地法人設立を機に、
これまで代理店に任せていた
貿易を自社で直接行う事に
なりました。

ビザ申請段階では、
自社貿易の
実績はゼロで、
将来相当な貿易が
出来るか否かは
未知数でした。

これまでの実績から、
E-1ビザの許可に
かなりの自信が
あったものの、
領事にどう
判断されるかは、
実際に申請してみなければ
分かりませんでした。

領事は、
過去の代理店実績に照らして
同じ程度の貿易はあるだろうと
好意的に想定して
ビザを許可しました。

しかし、
全幅の信頼は置けないので、
様子を見るために
ビザの期間を
1年間に制限したのです。

5年間有効なE-1ビザを
発行してもらうためには、
延長申請をしなければなりません。

領事の心配を払拭するために、
ビザが有効な1年間の自社貿易の
B/L(Bill of Lading船荷証券)と
Invoice(商品を輸出する際の送り状)を
添えて実績を証明します。

「お蔭様で
自社貿易は順調でした。
実績も上がり、
substantial trade(実在する貿易)の
条件を満たせるようになりました。
どうか5年有効なNormal visaを
発行して下さい」

という主旨のレターを添付します。

アメリカビザは
移民国籍法や施行規則に
基づいて審査されます。

法律を知らずに
ビザを申請すると、
ビザ申請にかかる
膨大な労力やお金を
無駄にする事に
なりかねません。

是非、申請前に
JGIアメリカビザセンターに
お気軽にご相談下さい。
丁寧な事前カウンセリングにより、
御社のリスクを大幅に減らし、
スムーズな申請手続きを
お約束致します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR