スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領事面接合格に裏ワザはない!

アメリカビザを申請するにあたり、
必ず申請者本人が、
米国大使館の領事面接を
受ける必要があります。

面接に合格するには、
裏ワザは存在しません。

ビザの法律に従って
正確で正直な申請書類を
作成する事、
説得力のある
英文レターを添付する事が、
最も重要です。

当たり前の事のようですが、
これが面接に合格するコツです。

領事が一読して、
納得出来る完璧な書類が
作成できていれば、
領事は面接で
込み入った質問をする
必要がなくなります。
結果、
面接に合格しやすく
なるというわけです。

なお、
アメリカビザの
面接方法には、
エージェントプログラムと
一般プログラムがあります。

エージェントプログラムの場合は、
面接日の3日前
(土日および日米の祝日を除く)に、
パスポートと全ての書類を
エージェント経由で
大使館に提出します。
それを元に、
アメリカ大使館の
担当官によって
面接前に書類審査が行われます。

それに対して
一般プログラムの場合は、
当日申請の扱いとなります。

面接当日に、
一般プログラムの受付にて、
全申請書類を提出することになります。
(エージェントプログラムの場合は、
 この受付はスルーし、
 ビザ課の1番窓口に直行して
 受付をすることになります)

JGIアメリカビザセンターでは、
顧客の皆様には、
エージェントプログラムにて
申請をして頂いております。

内容が複雑な就労ビザの申請は、
大使館にジックリ書類を読んでもらえる
エージェントプログラムの方が
適しているからです。
面接日には書類審査が
終わっていますので、
面接は短時間で終了し、
時間の節約にもなります。

JGIアメリカビザセンターは、
1991年創業以来、
誠実な申請で
大使館の信頼を得ております。

面接直前には、
大使館より徒歩12分の
弊社オフィスにて、
対面式の綿密な
オリエンテーションも実施。
余裕を持って面接に臨めると、
大変ご好評を頂いております。

御社はアメリカビザのことで
お困りではありませんか?
JGIアメリカビザセンターに、
どうぞお気軽にご相談下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

渡部澄彦

Author:渡部澄彦
初めまして。
JGIアメリカ
ビザセンター
顧問の
渡部澄彦
(ワタナベスミヒコ)
です。
JGIアメリカ
ビザセンターの
ブログは
アメリカビザの
知って得する
情報が満載!
御社の
アメリカビザ
申請取得に
どうぞ
お役立て下さい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。